帽子工房 布布

boushifufu.exblog.jp

味噌仕込み

人生初の味噌作り これまで味噌は買っていろんな味を楽しむべし!そう思ってました
ただ素材にこだわりを持ち始めると 選ぶ品 選ぶ店が決まってきて だったら自分ちの味噌もありだなって
b0220002_22161821.jpeg
島光さんの指導の元 15名とたくさんの参加者さん おちびちゃんはふたり!
いろんなところで味噌仕込みのワークショップ開催が告知されていたなかで 高島市のふぁみーゆさんに申し込んだことの理由はさて
まずは 行きやすい日程だったこと 費用に容器代が入っていたこと そしてふぁみーゆさんに行きたかったこと
b0220002_22423568.jpeg
作業のあとのふぁみーゆさんの発酵材料を使ったケーキたち!
この日のために作られて どれももちろん美味しい!詳細はメモれなかった
普段扱われているケーキやクッキーなどもこだわり材料で作られています
なかなか買いに行けないですが…

その程度かな それに案外近い高島市かな?
夏には食べられる!でも一年近くを待ちましょう しょう油と同じペースでこちらは時期になったらカビチェックのみ!そこが重要
どこで保管するかが最大の課題だ

帽子工房布布と小さな絵本の部屋 のご案内をお預けしてきましたよ
堅田のsoratocoさんで手にとってくださった方がありました!嬉しい!!

それに 定休日だけど 偶々来て作業中だったフランジさんにも
b0220002_22430083.jpeg
かわいすぎるかな!ダブルガーゼに刺繍のブラウス
生成りは得意ではないけど紺のステッチだから大丈夫かな^^
一番に手にとったゴブラン織りのパンツ もう春の気配だからそっともどしてこちらにしました
後でインスタグラムで春夏物の新しく仕入れられた布をアップされたのを見つけました
セレクトされる布がかなり好き!
仕上がり品を買いましたが イージーオーダーが魅力のお店
仕事早いね!って言ったら集中すると朝から晩まで夜中までやっちゃいます!そしてお休みはしっかりと休む!
そうじゃなくちゃね!頑張って!!



# by boushi-fufu | 2019-02-20 10:15 | お店のご案内

骨董品

先日から古い籠の一閑張りに挑戦していますが
(投稿してから 進んでいませんが)
この籠は 毎月第1日曜日に開催される 八屋戸めぐりで買ったもの
このイベント 正しくは 「里山 こだわり生産物 販売所」
自然農法とか無農薬栽培されているお仲間が 農園や自宅前 或いは無人販売所で 野菜や苗 花などを売られる横に 骨董として売られていた品
もちろん 壺とか置物 着物地それに古着とかもあり帽子用に着物地も買いました

そもそも 草木染め作家の友が籠好きというか 作品を入れたり運んだり展示に使ったりと頻繁に使われるものだから 行李・籠に敏感
つられてわたしも買ってしまったわけ
b0220002_21012484.jpeg
昨日 こんなのあるけど要らない?と携帯に電話をいただいた
そしてこの写真が添付されてきた
一閑張りやってる投稿とかみられたからかな?
なんか素敵!と思ったので 友がいらないならわたしが使うからとキープしてもらった
で、早速きょう受け取りに行ってきましたよ

35×56.5 深さは8.5
ショールを並べるのにぴったりだと喜んでました!
よいひとに巡り会ってよかったよね!ちゃんと活躍できるよ

古いもの 不要になったもの
こうやってひとからひとへわたり喜んでもらえる時もあるし
わたしは 引っ越すとき 大型ごみに持ち込んだりしてやたらと捨てましたが 勿体ないことをしたなと思うことがたまにあります
ただ 必要な方に出会うまで根気よく待たないといけないでしょ!ばっさり大胆にやりましたね

ネットオークションとかで売って 引っ越し代を捻出したり
買い取り業者のところに持ち込んだりすることで生かすことなども知りました

そんなわたしですが 一方で捨てられないものと引っ越し クローゼットに収めたまま ふとながめたり懐かしんだり
そこに入れるべき布たちを あちこちに積み上げたままにです
まだしばらくは それをよしとして見逃してもらいましょう!


# by boushi-fufu | 2019-02-18 21:49 | 雑記

和太鼓

少しだけ 懐かしさを追いかけた日だった

栗東駅前のラディカさん(おしゃれな眼鏡屋さん)ちょうど二年前に新調しに行ってたんだね
オーナーさんは覚えてる!って一瞬思ったけど…取り扱ったメガネフレームを覚えているのだよな!
フレームから顧客名簿のわたしの名前をみて 思い出してくれただろう
お互い ひと言もふれなかったけれど

和太鼓の響きを聴いてきた
鼓童 小島千絵子世界初演リサイタル「岩戸びらき」
太鼓とともに ドラムやソプラノの響きとあでやかな舞すがた
語りを手話通訳されていた
要約筆記の奉仕活動をしていたひと あれは学生時代からだったかな

もっと いっぱい太鼓の響きを聞きたかったな!
我が家に太鼓台とともに締め太鼓がある
かつてご縁のあったところに寄付したらとの提案もあったけど まだ置いたままなのだ
b0220002_21445790.jpeg
そして月をみあげて 帰路についた!
空から太鼓の響きを聴いていただろうか





# by boushi-fufu | 2019-02-17 23:04 | 雑記

パン好き

パン好きです
不定期に送ってもらう松本のハレぱんさん 米粉パンの店 週末しかオープンしない店を含め周りにパン屋さんが沢山あって嬉しい悲鳴
と言っても 毎日一食がパンという食生活にはならないようにしています

で、いつも思うことは
店頭に並んだパンをトレーに取ったあと なぜひとつずつ丁寧に袋にいれるの?
そうじゃない店もあるのかな?

マイバッグはもちろん持って行くのですが個包装がもったいないなあと思いません?
営業上 衛生上そうしなきゃいけないのかな?

聞いてみました!
大きな容器とか持ってきて良いの?
バットとか持って来られる方いらっしゃいますよ!
えっ!そうなん!!じゃあなんか持って買いに来ようかな!

そんなこんなで パン屋さん用通いかご作り 古い籠を一閑張りすることにしました
b0220002_21430875.jpeg
以前お世話になった神戸のギャラリーの奥さまに習っとけばよかったなあと思いつつネットで検索しながらはじめました
はじめたら面白くて!でも乾くのを待ちながらですし
帽子仕事しなきゃだし!
準備した糊が無くなったらおしまいにしてきりをつけながらです
写真は2日目終了の進捗状況!中途半端過ぎる〜

まだ和紙をはるのに数日 柿渋を塗って乾くまで数日 仕上げに持ち手も付けたいし
まだ先は長い!

# by boushi-fufu | 2019-02-16 21:58 | 雑記

スタートはかんじる比良

未だ仕上がっていないけど 久しぶりなので勇み足の夏帽子
b0220002_21424341.jpeg
無理やり傾斜をつけたので ちょっとピン穴が目立ってる

染め作家さんの布は小さな端布も捨てられず 使いきりを目指したものの やはり大きめの端布から使ってしまいます

8枚接ぎの丸いクラウンが効率的かなと思いつつ6枚接ぎのパターンを並べてみると 思いのほか使えた
異素材との組み合わせはケンマソウのブリム
周りが伸びてしまわないように伸び止めにワイヤーを入れて
もう少し手を加えます

ことしの作品展のスタートは5月18日19日
大津市北部地域の地域散策型イベント『かんじる比良』の初出展
いままでは 参加店、参加ギャラリーが集中する北比良一帯を歩いて楽しんだイベント
メイン地域からは離れているけれど 今年からはお招きする立場
になるかな?(一応審査まち)

かんじる比良のあとすぐに『風曜日にようこそ』椿野宅に参加させていただきます
20日に搬入して会期は翌日21日〜27日まで1週間
会期中の木曜23日と土曜25日の工房オープンの日以外は在廊させていただくつもりでおります

ということで 数はそこそこ作らねば!


# by boushi-fufu | 2019-02-15 22:51 | 今日の帽子