人気ブログランキング |

帽子工房 布布

boushifufu.exblog.jp

イベント告知

みんな布布が専門学校の非常勤講師(不束な講師でしたが)時代の大切な生徒さん
応援したくて 本人の情報やフェイスブックからの引用で紹介させていただきます
よろしければ ご参加 あるいは訪問なさってくださいまとめて告知させていただきます

まずは明日に差し迫っていますが人数に余裕があるようですので
oinai karasuma/おいない烏丸  (京都市中京区烏丸通蛸薬師南入る手洗水町647番地 トキワビル 4F) 

《3/5(水) おいしいコーヒードリップレッスン - 初級編 - 》おいしい珈琲を自分で淹れられるって素敵ですよね!
今回は、珈琲店にて10年間の勤務経験がある松村志保さんを講師にお迎えして、おいしい珈琲を入れる「基本の基」を教えていただきます!

■日時:3月5日(水)19:15 - 20:45...
■講師:松村志保さん
■費用:1,500円
 *カリタのドリッパーを使用して、ハンドドリップします。(ペーパードリップです。)
■定員:10名
■持ち物:エプロン、お手拭タオル
▼イベント詳細はこちら!
https://www.facebook.com/events/1425337601040893/


「おいない」って京都生まれなので懐かしいことばです そばへいらっしゃいみたいに使わるかと
この言葉に続いて思い出したのは「さいなら」
明石に越した小学校で初めての下校の日 それぞれの方向に別れるときに「さいなら」と言って不思議がられた
時々漫才師とかがちょっと早口で言う「さいなら!!」じゃなく アクセントが「さ」に有るのかなあ ゆっくりとした表現で言ったのだと思います
いま ここに書くと自分で笑ってしまいそうですが「どこのお嬢さん?」的な受け取られ方だったのですよね
みんなはなんて言ったのかな 「さよなら」だったのだ思うのですが・・・
最近は 「じゃね!」とか「では!」みたいな別れ方でしょうか!

そして 次は
3月21日からの京都国立近代美術館の催しです 日本のファッション:不連続の連続

このイベントの関連イベントとしてトークショーやワークショップがあります
この第一回のレクチャーが
■第1回「京都の伝統、現在から未来へ―革新と挑戦」
講師:串野真也氏(MASAYA KUSHINOデザイナー)
   × 細尾真孝氏(株式会社細尾 取締役)
日時:3月22日(土)午後2時~3時30分
事前申込制(2月24日(月)より受付開始)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:100名、事前申込制
※聴講無料、未就学児の入場はご遠慮ください
お申込・お問い合せ先:京都服飾文化研究財団(KCI)
TEL:075(321)9221(受付時間:月~金の午前9時30分~午後5時)
※定員に達し次第締切とさせていただきます。

さらにこちらは☆本人から追加情報が届きましたので☆のマークで追記しております☆
あじき路地の ギャラリーあじき が再開されるとの情報
6人の作家さんが参加されるとのことですがその中の
北園 愛さん・・・すいませんブランド名Fe・・・なんだったかなあ ごめん☆ferin[フェラン]でした☆
ベビーフォーマルに特化した商品展開をされるそうです☆ベビーのブランドはprism[プリズム]と教えてもらいました☆
                ☆営業は土日祝日のみ 11:00~19:00です☆

ご自分のこどもさん用のお宮参りのドレスや七五三スーツ姿の写真を拝見するのですがすっごくかわいいです
布布も息子の七五三に黒のスーツを縫ったものです

住所:京都府京都市東山区大黒町通松原下ル2丁目山城町284
京阪「清水五条駅」より徒歩およそ5分/京阪「祇園四条駅」より徒歩およそ10分/阪急「河原町駅」より徒歩およそ15分
市バス4・17・205系統「河原町五条」下車徒歩およそ10分
http://ajikiroji.com/

長くなりましたが 立て続けに 活躍の情報を得ましたので ご案内させていただきました

 


by boushi-fufu | 2014-03-04 21:09 | きょうの風景