帽子工房 布布

boushifufu.exblog.jp

日常

フェイスブックで見つけた フランスの福島原発事故の報道番組を見ていたら あっという間に一時間が過ぎてしまった
勿論 日本語訳付き こちら→
セラピストの方が あげていたもの 迷ってられる方は ぜひ見て!と呼びかけてあった

滋賀に居て それでも 食材では迷う 関東 東北 まして 福島にあれば 迷いは底なしであろう


朝から せかせかと 窓拭きをする
雨上がりは 絶好の窓拭き日和
以前は 肌寒くなってくると 網戸を外し 綺麗に洗って 物置に片付けてもらっていた
冬といえども 換気に窓を開ける 冬だって 虫はいる 網戸が無いと入っいてくるじゃない
片付け担当者も 物置は 年々ものが増えて 置き場所が・・で 今は網戸は 年中

この網戸!いつもたくさんの埃が絡み付いていて 雨が降りつけると 窓に降りかかり 乾くと 窓は埃まみれに汚れる
窓拭きしないと!彼の窓拭きは 水を流しながら ワイパーでさっさっとやる プロの真似事
良いのだけれど 水が・・・と思う人
雨上がりは新聞紙と古いタオルを両手に窓拭き 窓拭き
今朝は 足元が完全に乾いてなくて 靴下がじわーっと湿ってきた
ははっ!草履置きなさい!ですよね

さて、慌しい日常が今日も過ぎて行きました
11時スタートの今日
風曜日にようこそ 番外編 光太郎君の世界 素晴らしい観察眼 成長してもぶれない感性 ご両親の愛を 感じてきました

工房 IMURA お直しのお届け (^ ^) ちょっとミスって 現地で解き すいませんここのミシンお願いします!やってしまった

ようそう あさの 勤めていた頃はそんな屋号で 佐川急便ガンガン送っていた 元サンプル屋さんの一人暮らしの方のお家へ
親戚の棚田米をたまに配達 わたしはお米やさんになる そしてしばらく世間話をする!もう仕事はされないので 今年 工業用ミシンを同業者に譲ってくださった!ありがとう!!まだまだお口はお達者で(^_^)話し出すと止まらない!!また来ます!

さろん 淳平 「布への想い」京西マチ子 手作りの世界 書道の添削された朱と墨の色 半紙の白で織られた裂き織り 孫たちが履いていたジーンズを使ったパッチワークのタペストリー 淳平さんのコーヒーフィルターを裂いて織ったテーブルランナー
b0220002_23324716.jpeg
苔玉の植物も 道端の草花なのだとか
何も捨ててられないのではないだろうか
そしてその一つ一つを記録されているノートは ご自分で和綴じされているのだと
b0220002_23281357.jpeg
特別ではなく 日常になって行く手仕事がいいな

帽子展を終えて 12月に冬の帽子をskogさんで終えたあと 予定なしの今 ふと 振り出しに戻りたい気がする

相変わらず 1日の締めは 父の補聴器騒動!
どうして この時だけは 電話がかけられて しかも受話器でやり取りができるのか不思議!勿論補聴器は外されているのだ
なんだかわからない質問に答えようが無く 繰り返し繰り返しの説明のあげく もう 寝れば!!で終える
おやすみなさい




[PR]
トラックバックURL : https://boushifufu.exblog.jp/tb/25092419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by boushi-fufu | 2015-11-15 23:56 | 雑記 | Trackback | Comments(0)