人気ブログランキング |

帽子工房 布布

boushifufu.exblog.jp

きょうは重い話です

ということで、重い話、暗い話は要らない!場合はスルーしてください
b0220002_20522627.jpg
地元の市民センターで 在宅療養と看取りのお話を聞きに行ってきました
あんしんネット堅田(通称 ANK)・・通称なんて要らないのにと思ったけど・・介護関連の専門職の方々が 互いの職種・業種を理解し利用者のためにより必要な力を発揮するために勉強会、交流会をされていているそうでして
こちらの主催の市民講座です
ずいぶん前の回覧板に案内用紙が入っていて 日時を控えてあったので 作業を中断して聞きに行ったのです
なぜなら「在宅での 療養生活と看取りの話」だったからです

入院している父が もう直ぐ在宅療養のため 病院から帰って来るという タイミングの良さです
そして、自宅での療養生活はそう長くはないでしょうからと 病院の担当医さんが昨日に話されたばかりだったので

12月に救急車のお世話になってからあっという間です
坂道を転がるようにの表現がぴったりくる父の衰え
きょう父のただ一人の妹を伴いお見舞いに来てくれた従兄弟も変容ぶりに驚いていましたが、やがてはそういうことになると思ってはいたものの、いざ家で看取るということが現実になると、尻込みしないでもないのです
特に 13日に入院以来 痰吸引を嫌がる様子を見るにつけ 躊躇いが増していた
でも・・父にとって そして母にとってそれが一番良いのかと
その辺りの決断の気持ちもあっての講座です

週明けには入院先のソーシャルワーカーさんにあれこれ相談させていただきます
退院したら 訪問介護に訪問看護を最大限に利用させてもらって、さらには訪問診療もお願いして、父と母とがゆっくりと過ごしてもらえると良いかな
認知症も一気に酷くなって わたしには何を言っているのかさっぱり通じない言葉が母と二人だとなぜか会話になっていて失笑します

締めくくりに 医師会堅田地区担当の小泉医院の先生が話されました

在宅看取りは無理をしてはいけない
決して特別なことではない
自然な流れである

そして看取りのとき
慌てず最後まで 声をかけてあげてください
呼吸の止まった時間を覚えておいてください、医師への連絡は急がなくてもよいのです
ゆっくりと お別れしてください
なんだかしんみりしてしまった

介護保険を利用する前の申請から始まって 家族揃っての看取りまで 寸劇で見せてくださって とても良い講座でした
利用者さん(市民さんと呼ばれているようです)の人数より介護に関わる事業所などの関係者の方が多くを占めていたのが残念でした
もっと たくさんの方に 聴いてもらいたい 市民講座でした

ひとつ終わった!!
b0220002_22480080.jpeg


by boushi-fufu | 2016-02-27 21:48 | 雑記