人気ブログランキング |

帽子工房 布布

boushifufu.exblog.jp

タグ:父のこと ( 15 ) タグの人気記事

京都伏見に

ひさしぶりに、父のこと
といっても、きょうはこれから百か日の法要と納骨をさせていただくため、伏見区のお寺へ行きます
東京から 大事な跡取りの孫が来れるタイミングに合わせての、少し早めの百か日
四十九日にお寺にお願いするのを失念しての、遅めの納骨になりました

湿度高そうですが、雨じゃなくてよかったです
晴れ男とかではなかったと思いますが、?、お通夜は雨だったっけ?
b0220002_10275180.jpeg
先日、父の従姉妹が亡くなって、お葬式が雨
喪主の息子さんが、母は誰もが認める雨女だったものですから、と挨拶されていました
わたしにとっては、六つの手習いで始めさせてもらった、お茶のお稽古の大先輩でした
着物姿の写真に涙がぽろぽろ

きょうは泣かないよ


by boushi-fufu | 2016-06-11 10:39 | 雑記

父のことを綴ってみて

八日火曜、午後 東京から跡取り息子の大切な孫が到着して、父の目はみるみる輝いて、懸命に何を話すのか 口元が動きます
どうして、いつの間に、声が出なくなってしまったのかなあ、水曜日には小さな声ながら「はい」って答えていたのに

2時間後に、札幌からひ孫も到着するのです
楽しみだねえ!そう言ってわたしはそのひ孫、昌悟くんのための階段の落下防止ゲートを買いに出掛けてしまいました

きっと跡取り息子の孫の顔を見て安心したのでしょう、ほどなく、 母、義妹、孫そしてギリギリのところで連絡を受けて戻ったわたしの見守る中 静かに逝きました
そう、ひ孫の到着は待てずにです

ケアマネージャーさんはじめ訪問介護、訪問看護で関わってくださったみなさんも駆けつけてくださっていました
最後にO先生が到着されて 14時30分 これは わたしが先生の携帯電話にかけさせていただいた 着信時間です
b0220002_23133263.jpeg
3月10日 お隣の I さんがサポートに入ってくださって、12名、あっ違った13名!昌悟くん!で静かに家族葬を行いました

翌日には義妹も帰り 母の一人暮らしの始まりです
早速11日には 訪問介護のヘルパーさんが来てくださって 、1時間じっくりと母の話相手になってくださったようです
これから 週二回の訪問介護と一回のデイサービスお世話になります
デイサービス行くかなあ・・
とりあえず 今までどおり すぐそばに住むわたしは ちょこっと顔を出す日々になります

週明けから、事後の諸々の手続きをぼちぼちと ひとつひとつ かたづけていきましょう
・・することたくさん有りそうですが・・

在宅看取りのこと もう少し丁寧に書きたいと思っていたのですが、そんなに書くことは無かったかな
昔の家族構成と違い 自宅に帰ってもらっても 実際誰が世話をするのか の問題が出てくるはずですが、介護と医療が連携して サポートしてくださったおかげで無理なく看取ることができたと思っています
まして 91歳の父は 闘病生活ではなく ゆっくりと逝く場、たとえ自宅に帰ることによって逝く日が早まったとしても、一番居心地が良かったはずです
退院日の7日に向かってそっと見守ってくださった病院のみなさん 、地域の介護を担ってくださっている皆さん、 医療と介護に携わるたくさんの方々に、ただひたすら 感謝するのみです

そして 布布の帽子を楽しみにこのブログを読んでくださっているのにもかかわらず、看取りの話に巻き込んでしまった方 ごめんなさいね
次の記事は きょうの帽子で!書けるかな!!

納期15日 の帽子仕事待ち構えています!!さてさて どうなることやら



by boushi-fufu | 2016-03-12 19:45 | 雑記

在宅看取り 退院の日

ちょっとお休みしてしまいました
書ききれてないので、7日に書いた部分と、8日の書きかけまでの途中報告?です
タイトルどおり けして 楽しい話ではないのですが 書いておきたいことなので、続きを書きたいと思っています

湖西道路初の道の駅 妹子の郷!病院の近くなので ちょこっと走る
きのうは蕪すし 分厚い鯖の鯖寿司に蕪が巻いてある
付き添って泊まってくれる義妹への差し入れ「おいしかったです!」こんど自分家のも買おう
きょうは 父に珈琲の香りをプレゼント?しようと道の駅のコンビニに
ついでに見つけた道の駅 妹子の郷のお楽しみ
b0220002_22105213.jpeg
モグモグさんのお豆がごろごろのビーンズブレッド
チーマアンテイさんのチョコクッキー とミルククッキー、近江舞子いちご園の乾燥いちご入りつぶつぶクッキー
道の駅がオープンする時 地元の商工会が出展者を募っていたが そうか こんなふうに身近な お店がここで頑張ってられるわけね

2月13日に入院して 3月7日退院の日です
義妹が朝の散歩でひと枝もらってきた 梅の香りや珈琲の香りを楽しんでもらいながら午前中を過ごす
その間に 退院に向けて担当医さんのお話あり、看護師さんは 自宅ケアのことを あれこれ話してくださったり、実際にさせてみて指導してくださったり気遣ってくださいます

昼前後から 血糖値を上げるために最後の糖分を鼻管からの投入、点滴も 最終分が終わると外されます
すべてが 担当医師が処方してくださった 7日の退院に向けた 最低限の治療です
鼻管どうされますか?と聞かれたのですが、カロリー補給はしないということなので外してもらいすっきり!透明な酸素の管だけです
最後のおむつ換え!これがなかなかたいへんでお二人でも大作業
訪問介護のサポートは必須だなあと思う瞬間です

1時前に介護タクシーのストレッチャーが到着 そうなると速い速い
担当医さん、看護師さん 数人が駐車場までお見送りに来てくださって退院はあっという間でした

ベッドで横になってもらうまでに新しく導入してもらったエアーマットにちょっとトラブルもありましたが 道中つつがなくって所です
次々に訪問診療、訪問介護、訪問看護そしてケアマネさんと来てくださって、おじいちゃん、お疲れさまだよね

☆ここまで月曜退院日

退院後に訪問してくださった先生も看護師さんも 呼吸が浅く心配な状況だと言われつつも 無事夜を越すことができているのです
きょうは東京から 札幌から 孫やひ孫が到着します
ワクワクして待っているのかも!






by boushi-fufu | 2016-03-09 23:43 | 雑記

在宅看取りに向かって

在宅看取りのこと書きます
重い話になりますので、スルーしてくださいね

金曜日にでも、家に帰ってもらえたかもしれないのに、訪問診療を希望した掛かり付け医の先生が金曜土曜と地元を離れられるという事情で 退院が月曜に決まり、今病院の個室に付き添いで泊まっています

水曜から在宅看取りに向かって動き出し
木曜には 担当医、ソーシャルワーカー、看護師と具体的な打ち合わせも進み

その金曜日のことです
朝 母と話す中で、家に帰ってきてもらうことが 父の寿命を縮めることになり 帰宅後すぐの看取りになる可能性の大きいことが あまりにも悲しいと 在宅看取りを諦めようとして 病院、掛かり付け医、ケアマネージャーと次々とお伝えました

母の一言が起爆剤だったのですが 実は自分が揺れていたのでしょう
次々と連絡を入れ終えると なんだかほっとした気がしました

でも、その日の午後、病室で父を見つめていると
あーあ!やっぱり連れて帰ってあげたい!
そして、その時同席していた 息子との話や、気遣ってくださった看護師さんたちに背中を押してもらったかたちで、またまた、病院、掛かり付け医、ケアマネージャーにやはり月曜の退院をお願いしたというバタバタを演じてしまいました

その後、病院では 父を個室に移動させてくださって(実は入院時は大部屋も個室も満室で特別室におりましたが大部屋の空きができて移っていました)早速その夜から 到着していた義妹と母の二人が泊まり 別れの時間が始まりました

自宅には 早速 家庭用の酸素吸入の設備が入り ベッドはエアーマットが導入され 少しずつ 環境が整えられていきます
土曜は日中は母を家で休養してもらい 義妹やわたしで行ったり来たり
夕方から母が深夜からわたしが加わり 日曜の朝を迎えます

病室に誰もいなくなって見守りができなくなる時 先ず父の手にミトンがはめられます
入院以来ずーっとなのですが 点滴や酸素のチューブを無意識かわざとか 引き抜いてしまうからです

父のミトンをつけ外しするたびに 1年前を思い出します
b0220002_06063424.jpeg
一ヶ月早く産まれてきた昌悟くんのこども病院での一枚、鼻の管を引き抜くのでぐるぐる巻き
もうすっかり元気になって ベビーカー代わりのソリでご機嫌ですね
b0220002_06154262.jpeg
看護師さんが来られたり、仮眠したり、父を見つめていたり 途切れ途切れに書いていると もうすぐ夜明けです
母は昼間あまり寝ていなかったのか、わたしが到着する前からソファベッドでよく眠っています
父はなぜか夜通し眠らず ごそごそと手を動かしたりしていましたが 先ほどやっと眠り始めたようです
思うに 昨晩 母がお相手をし続けていた 余韻ではないでしょうか

日曜、きょう1日 乗り越えてくれたら 明日の午後には家だよ
ストレッチャーの介護タクシーが迎えに来てくれます
移動用の酸素も、もう病室に持ってきています

そうだ!氷を細かく砕いて準備しておかなくては

パーキンソン症候群による嚥下障害で ずーっと絶食で口からは何も入っていません
ヘルパーさんから、口に入れて湿らせてあげられるようにと教えてもらっています
実は91の父の歯はほぼ健全 すごいでしょ!
どうやるのだったかな?看護師さんがおっしゃってましたね 歯科医みたいに何かを噛ませてその隙間からって
だから 口に入れてあげるの至難の技のようですよ 噛みつかれる危険が!!


by boushi-fufu | 2016-03-06 06:46 | 雑記

総会近し

ソーシャルワーカーさん看護師さんケアマネージャーさんの四人でお話させていただき、在宅看取りに向かって動き出しました
b0220002_21520347.jpeg
慌ただしくしていて 若松のままだったのをやっと入れ替え
あじさい難しい!


でも・・午後は、フーっとして 珍しくテレビの前でぼーっとしてて
さっ、動かなきゃのタイミングで担当医さんから電話が

携帯に病院からの電話であることが表示されると 一瞬身構えます

ソーシャルワーカーさんの報告を受けて、担当医さんが訪問診療をお願いしたい掛かり付け医さんに渡す書類の準備ができたという電話
早速いただきに再度病院へ そして掛かり付け医さんに持って行ってお話を聞く
掛かり付け医から 訪問看護をお願いできる看護師さんが紹介され、それをケアマネージャーさんに報告
あとはいつ退院できるかです
自宅まで車でおよそ15分は 比較的遠くないと思うのですが それでも少しでも症状の落ち着いている時に移動できたらいいな〜

まだ退院日は決まっていないのですが、東京の義妹には帰って来てねコールしました
強力な助っ人です

そんなきょうは こんな仕事も
b0220002_22015276.jpeg
去年自治会会計をやっていたので今年は会計監査だよ〜
会計さん!!完璧です!

父はというと、ぼんやり外を見ているように見え
退院したらO先生に診てもらえるように手紙を書いてもらったから待っててねと声をかけると 小さいけれど意外にしっかりと頷いて「はい」と返事が返ってきていました
おじいちゃん!頑張ってるね!!

by boushi-fufu | 2016-03-02 22:31 | 雑記

この冬一番

この冬一番の!
積雪ですよ〜夜半に降り出して、夜中はたぶんそれほど降っていなかったと思います
だって 夜遅くに帰ってきた車の轍が朝そのまま残っていましたから
b0220002_20380704.jpeg
お隣の庭ですが、我が家辺りはこの程度!そこそこ積もってます、そして朝からまた降りました
よりによって 北へ走る日!わたしのことだからこんな雪も降るでしょう(≧∇≦)

湖西道路で除雪車初めて(かな?)見ました
b0220002_20420286.jpeg
走っている方向もずーっと前方に除雪車があって、もう少し先でのろのろの列に追いついてしまいました
どうりで雪がきれいに避けてある
あっ、きょうは助手席ですよ!なんて言わなくても画像でわかりますよね
b0220002_20470463.jpeg
ちょっとね!!ここに行ってきました
b0220002_20480360.jpeg
ギャラリー スクーグさん クローズ宣言されて、お引越しの準備も始まったようで、ひっそりと静まり返った佇まいを一枚撮る!営業中は冬の企画展はお休みされていたのでなかなかお目にかかれない冬景色

ここでちょっとお知らせを
スクーグさんがfinal sail をされます 今週末の土曜日から月曜日までの三日間
詳細はこちらから →
ブログとフェイスブックでのみの告知のようなので 拡散しても良いのかなあ?と独りごと言いながら リンクする

きょうは病院で 看護師さんから 何故看病が大変なのに退院されようとするのか?的なことを問いかけられました
明日 ソーシャルワーカーさんとの面談があることを ご存知のようで すごく心配してくださっているのが伝わります
こうやって いろんな形で 思いを話させていただけること ありがたいです
その度に 本当に本人はそう思っているのだろうか伝わらない父の声に不安を感じ、本当に母の思いをちゃんと代弁できているのだろうか、基本的に母は反面教師のわたしなので、心配になったりします
父の枕元 たとえ耳は遠くなっているとしても 聞こえているのだろうなあ
何かひとこと言ってよ

精一杯看護してくださっていること、先生に、看護師さんに感謝します

やっとこさ 発送!なんちゃって夏帽体シリーズ、納期2日遅れ(≧∇≦)
b0220002_22170371.jpeg
コサージュにいちにちかかってしまった
しかも なんか違うというか 水彩画調のプリントを使って作る花!作り方間違っている気がするのですが・・もう送っちゃった〜


by boushi-fufu | 2016-03-01 22:51 | 雑記

着せやすいか?

本日の里山クウフラン!琵琶湖がとてもきれいです!!ヨットきれいに撮れたかな?
b0220002_16243718.jpeg
b0220002_16255876.jpeg
病院帰りに寄って ちょっとコーヒーをいただいている間に どんどん積み上がっていきます
農園作業しがてら来られるお馴染みさん、クウフラン農園の作業じゃなくて?煉瓦を積んで?何ができるんですか?
パラソルを中央に立てられるようになっています!・・ちょっと 不安な気がするのですが・・どうでしょう?楽しみですね
日に日に日差しが強くなって、日除けパラソルは必需品ですものね!人にもパンにも

買い物ついでに本屋さん行ってしまいました、高田 郁さんの新シリーズ(≧∇≦)今は隣の部屋で待機中
もう少ししたらね
b0220002_16381819.jpeg
退院を前にこんなのもいいかなあと、一枚買ってみました
b0220002_16401270.jpeg
面ファスナーで どれくらいしっかりと留まるのかなあ、このボタン付ける必要あるのかなあなど思いながら
パンツのファスナー 横向き寝のとき やっぱり痛いかなあ、やっぱり ねまきが良いのかなあ、そんなことも思いながら


by boushi-fufu | 2016-02-28 16:49 | 雑記

きょうは重い話です

ということで、重い話、暗い話は要らない!場合はスルーしてください
b0220002_20522627.jpg
地元の市民センターで 在宅療養と看取りのお話を聞きに行ってきました
あんしんネット堅田(通称 ANK)・・通称なんて要らないのにと思ったけど・・介護関連の専門職の方々が 互いの職種・業種を理解し利用者のためにより必要な力を発揮するために勉強会、交流会をされていているそうでして
こちらの主催の市民講座です
ずいぶん前の回覧板に案内用紙が入っていて 日時を控えてあったので 作業を中断して聞きに行ったのです
なぜなら「在宅での 療養生活と看取りの話」だったからです

入院している父が もう直ぐ在宅療養のため 病院から帰って来るという タイミングの良さです
そして、自宅での療養生活はそう長くはないでしょうからと 病院の担当医さんが昨日に話されたばかりだったので

12月に救急車のお世話になってからあっという間です
坂道を転がるようにの表現がぴったりくる父の衰え
きょう父のただ一人の妹を伴いお見舞いに来てくれた従兄弟も変容ぶりに驚いていましたが、やがてはそういうことになると思ってはいたものの、いざ家で看取るということが現実になると、尻込みしないでもないのです
特に 13日に入院以来 痰吸引を嫌がる様子を見るにつけ 躊躇いが増していた
でも・・父にとって そして母にとってそれが一番良いのかと
その辺りの決断の気持ちもあっての講座です

週明けには入院先のソーシャルワーカーさんにあれこれ相談させていただきます
退院したら 訪問介護に訪問看護を最大限に利用させてもらって、さらには訪問診療もお願いして、父と母とがゆっくりと過ごしてもらえると良いかな
認知症も一気に酷くなって わたしには何を言っているのかさっぱり通じない言葉が母と二人だとなぜか会話になっていて失笑します

締めくくりに 医師会堅田地区担当の小泉医院の先生が話されました

在宅看取りは無理をしてはいけない
決して特別なことではない
自然な流れである

そして看取りのとき
慌てず最後まで 声をかけてあげてください
呼吸の止まった時間を覚えておいてください、医師への連絡は急がなくてもよいのです
ゆっくりと お別れしてください
なんだかしんみりしてしまった

介護保険を利用する前の申請から始まって 家族揃っての看取りまで 寸劇で見せてくださって とても良い講座でした
利用者さん(市民さんと呼ばれているようです)の人数より介護に関わる事業所などの関係者の方が多くを占めていたのが残念でした
もっと たくさんの方に 聴いてもらいたい 市民講座でした

ひとつ終わった!!
b0220002_22480080.jpeg


by boushi-fufu | 2016-02-27 21:48 | 雑記

お誕生日おめでとう

b0220002_12411123.jpeg
風がきつそうですが、遅れはないようです
13:10分に札幌に向けて?行ってきます
今夜は昌悟くんのお誕生日を楽しんできます

ショートステイをお願いして 万全!の予定が 土曜日にばたばたと入院ということになって
でも、わりと近くの病院に入院させていただいたので 朝にも顔を見てから 旅立てました
さて いつもと違って あまり余裕なく空港に来たので きょうはここまで

日曜日のjiーjiの飛行機はかなり遅れたようですが わたしは順調に飛び立ちそうです

by boushi-fufu | 2016-02-16 12:51 | 雑記

等圧線

うふっ!わかってしまうかな?
縮小コピーしちゃいました!!
かっこよすぎる〜
お揃いで ママの!パパのかな? 作らないと!!
b0220002_22532277.jpeg
大きさが判らないと思うので 三猿達に登場してもらった! ついでに物差しも
黒とブルーのリバーシブル布 トップの外縫いのところはワザとです 間違ったのではないよ

b0220002_22562643.png
気象庁 天気予報から拝借しましたこの画像 時速20km/hで縦の等圧線がやってくる
夜が明けたら 雪景色かな
予想最高気温 3度 予想最底気温24日 −2度 水道出しておいたほうが良いかな?


きょうはか きょうもか ちょっと凹むことがありました
ほんの少し 目を離した間に 手押し車で歩いていた父が転倒してしまった
転げた所は ちょうど ベッドから下ろした掛け布団の上!と安心したのも束の間 前腕に20センチほどの擦り傷!!あ〜このタンスね
皮膚が弱っているのだそうで 酷い状態にびっくりしました
2、3センチの擦り傷 引っかき傷は頻繁なのですがあまりの大きさにケアマネさんに医者に行くべきかとSOS
ちょうど 付き添いで 近くの整形外科に行っている人がいるからと急遽迎えに来てもらった
毎日でなくても良いとのことだが またしても医者行き
あ〜あ!情けない・・
少しでも歩いてもらいたくての思いが仇になってしまった
週明けには 車椅子の手配します
簡易のはあるのですが しっかりしたものの方が 安心して使えるし 楽に使えるし 座り心地も良さそうだし 母にも押せるし
ちょっと家具の移動作業が付いてきそうですが やるしか無いです
おじいちゃん ごめんね〜




by boushi-fufu | 2016-01-23 23:11 | イベントの案内